img-1

マイクロスコープを使う歯医者

マイクロスコープとは、拡大して見える顕微鏡のようなものです。



最近では、歯医者の治療中にも使われていることが増えています。

口の中というのは、神経も多くあり、とても繊細です。

髪の毛が1本入っただけで違和感を感じるほどで、歯の治療は細かな視点が欠かせません。今までの治療は肉眼で行われてきましたが、人間の目が見える大きさは限界があります。



マイクロスコープをつけることで、肉眼の4〜20倍もの大きさで見ることができ、より精密な治療を提供することができます。
歯医者の治療は、虫歯など細かい治療がたくさんあります。



拡大することで虫歯の部分だけを削ることが可能になるので、健康な歯をむやみに削ることがなくなります。
削ったあとにする詰め物も、段差なくきれいに埋めることができます。


虫歯かどうかのチェックも肉眼より正確に診断することができますし、カメラを装着することで、拡大した画像を使いながら患者さんにも説明することができます。



マイクロスコープを歯医者が使うことで、患者さんにも、自分の症状がどうなっているかを詳しく知るメリットがあります。



噛み合わせの治療や、インプラントなどの精密さを求められる治療にも役立っています。



かぶせものや差し歯をする際には、ミクロン単位で自分の歯に合ったものを作ることができるので、審美的にも美しい物が完成します。

適合が良いので、再び虫歯になることも少なく、経過が良好になるというメリットもあります。

関連リンク

img-2

マイクロスコープで最小限の治療を行なう歯医者さん

欧米での歯医者さんの治療では、ミニマムインタベーションという考え方が主流になっています。これは、歯にとって最小限の治療、できるだけ歯を削らない治療をメインにするという考え方です。...

more
img-3

歯医者の間でも活用されるマイクロスコープ

現在医療の現場ではマイクロスコープがおおいに活用されています。マイクロスコープとは高精度の顕微鏡のことです。...

more