img-1

歯医者を助けるマイクロスコープの魅力

近年、歯医者でマイクロスコープを使用することが増えてきています。
歯医者で行うような治療では正確さを問われます。


そのような治療の際にマイクロスコープを使用することで更に正確な作業が可能となります。



人間の眼では補えない小さなところまで正確に把握することができ、その結果治療レベルの向上に繋がりました。



今までの治療では歯科医師の勘や経験に頼る部分がありました。


しかし、その部分を補うだけではなく、さらに高度な治療まで行えるようになりました。マイクロスコープが多く使用される治療に根管治療があります。

以前までの治療では歯科医師の感覚だけを頼りに治療していました。



それだけ複雑で細かい治療ということです。



しかし、マイクロスコープの使用により歯の内部を拡大でき、根管内を見ながらの治療ができるようになりました。


虫歯治療においても有効であると考えられています。

虫歯の患部を直接見ながら治療を行うことが可能になりました。

また、削る歯の量が格段に少なくなりました。審美歯科治療も高い精度を求められる治療です。


従来のように肉眼での治療は非常に困難なものでした。



肉眼での限界もあるため、治療の精度にも満足なものは得られませんでした。



しかし、精密な治療が可能になったこともあり、高いレベルでの治療を提供できるようになりました。


このようにマイクロスコープを使用することで従来よりも高いレベルの治療が可能となりました。
今後、導入される歯医者も増加していくと考えられます。


関連リンク

img-2

歯医者の間でも活用されるマイクロスコープ

現在医療の現場ではマイクロスコープがおおいに活用されています。マイクロスコープとは高精度の顕微鏡のことです。...

more
img-3

マイクロスコープで最小限の治療を行なう歯医者さん

欧米での歯医者さんの治療では、ミニマムインタベーションという考え方が主流になっています。これは、歯にとって最小限の治療、できるだけ歯を削らない治療をメインにするという考え方です。...

more