img-1

マイクロスコープで最小限の治療を行なう歯医者さん

欧米での歯医者さんの治療では、ミニマムインタベーションという考え方が主流になっています。
これは、歯にとって最小限の治療、できるだけ歯を削らない治療をメインにするという考え方です。



最小限の治療で正確な治療の効果を得るためには高い精度が求められます。マイクロスコープは、開発当初には耳鼻科や眼科領域で採用されていた手術用の顕微鏡です。



その後脳神経外科や産科などでも導入され、1990年代になると歯医者さんでの精密な治療にもその有用性が認められるようになったという経緯があります。



マイクロスコープを使用すると、裸眼の時に比べて視野が20倍以上に拡大されます。



この高倍率で虫歯の部分を直接確認しながら治療を行なえば、細菌に侵された部分だけを正確に取り除くことができますから削り取る部分は最小限にとどめることができミニマムインターベンションが可能になります。



またその後の充填治療においても、マイクロスコープを使うことで裸眼では確認することが不可能な微小な段差も残さずに精密に重点することができます。



充填治療をした部分にこうしたわずかな段差があると、そこから虫歯や歯周病の原因になる細菌が侵入し、歯ブラシでのケアもなかなか届かない所ですからこの段差の部分から病気が再発してしまう可能性があります。つまり歯医者さんでマイクロスコープを使った精密な治療を受けると、治療が確実になるばかりではなくその後の予防対策もとても楽になるということです。

関連リンク

img-2

マイクロスコープを使う歯医者

マイクロスコープとは、拡大して見える顕微鏡のようなものです。最近では、歯医者の治療中にも使われていることが増えています。...

more
img-3

歯医者の間でも活用されるマイクロスコープ

現在医療の現場ではマイクロスコープがおおいに活用されています。マイクロスコープとは高精度の顕微鏡のことです。...

more